デイサービス昭和館

西成区西天下茶屋にある戸建て民家を改修した
定員10名の小規模地域密着型デイサービスです。

トップ > 介護プロフェッショナルキャリア段位制度

介護プロフェッショナルキャリア段位制度

介護職員資質向上促進事業

内閣府による「実践キャリア・アップ戦略キャリア段位制度実施事業」が平成26年度で終了し、平成27年度からは、厚生労働省に移管され「介護職員資質向上促進事業」として実施されています。

介護職員資質向上促進事業は、介護事業所・施設内におけるOJT(On-the-Job Training)を通じて介護職員の実践的な職業能力の向上を図りつつ、その能力を評価・認定することにより、介護事業所等における人材を育成することを目的とした事業です。

介護職員資質向上促進事業に関するお問い合わせ
厚生労働省老健局振興課人材研修係
電話:03-5253-1111(内線3936)

介護プロフェッショナルキャリア段位制度とは

「キャリア段位制度」は、成長分野における新しい職業能力を評価する仕組みであり、企業や事務所ごとにバラバラでない共通のものさしをつくり、これに基づいて人材育成を目指しています。

介護プロフェッショナルキャリア段位制度

レベル分野共通の考え方介護プロフェッショナル
7その分野を代表するトップ・プロフェッショナルの段階
6多様な生活障害をもつ利用者に質の高い介護を実践
介護技術の指導や職種間連携のキーパーソンとなり、チームケアの質を改善
5プロのスキルに加えて、特定の専門分野・業種における更に高度な専門性を持つ、あるいは、その人の独自の方法が顧客等から認知・評価されている段階
4一人前の仕事ができることに加え、チーム内でリーダーシップを発揮することができる段階チーム内でのリーダーシップ
(例:サービス提供責任者、主任等)
部下に対する指示・指導
本レベル以上が「アセッサー」になれる
3指示等がなくても、一人前の仕事ができる段階利用者の状態像に応じた介護や他職種の連携等を行うための幅広い領域の知識・技術を習得し的確な介護を実践
2一定の指示のもとに、ある程度の仕事ができる段階一定の範囲で、利用者ニーズや、状況の変化を把握・判断し、それに応じた介護を実践
基本的な知識・技術を活用し、決められた手順等に従って、基本的な介護を実践
1エントリーレベル
職業準備教育を受けた段階
初任者研修により、在宅・施設で働く上で必要となる基本的な知識や技術を修得

介護プロフェッショナルキャリア段位制度の取組状況

国家戦略・プロフェッショナル検定

介護プロフェッショナルキャリア段位制度

介護サービス施設・事業所数

施設・事業所数(基本票)
通所介護平成27年(2015)平成26年(2014)対前年
増減数増減率(%)
43,40641,6601,7464.2
出典:厚生労働省(各年10月1日現在)

通所介護におけるアセッサーとレベル認定者

エリアアセッサー
(2016年12月13日現在)
レベル認定者
(2016年12月28日現在)
全国2,214名244名
大阪府110名10名
西成区9名
(デイサービス昭和館 2名)
1名
(デイサービス昭和館 内部評価実施中)
出典:一般社団法人シルバーサービス振興会

介護プロフェッショナルキャリア段位制度に関するお問い合わせ
一般社団法人シルバーサービス振興会キャリア段位事業部
電話:03-5402-4882

無料ケアマネ受験対策講座

認知症サポーター上級者育成

ロバ隊長ペーパークラフト

ご利用までの流れ

大阪市介護予防事業

見守り活動の手引き

わたしたちの認知症ケア

認知症サポーター等推進事業

認知症対応力向上のための支援

国民運動・国民プロジェクト

Google+1 Button

Google+ 共有

ページのトップへ戻る