デイサービス昭和館

西成区西天下茶屋にある戸建て民家を改修した
定員10名の小規模地域密着型デイサービスです。

トップ > がん対策推進パートナー

がん対策推進企業アクション

がん検診受診率向上を目指す国家プロジェクト

平成19年6月に「がん対策推進基本計画」が策定されてから5年が経過し、新たな課題も明らかになってきたことから、平成24年6月に、平成24年度から平成28年度までの5年間を対象とし、がん対策の総合的かつ計画的な推進を図り、がん対策に関する基本的な方向を明らかにするための、新たな「平成24年がん対策推進基本計画」が閣議決定されました。

これにより、「がん患者を含む国民が、がんを知り、がんと向き合い、がんに負けることのない社会」の実現をめざしています。

がん検診の流れ

がん検診は、一見健康な人に対し、「がんがありそう(異常あり)」「がんがなさそう(異常なし)」を判定し、『ありそう』と判断された人を精密検査で診断し、救命できるがんを発見することが目的です。

がん対策推進企業アクション

がん検診は、「がんがある」「がんがない」ということが判明するまでのすべての過程を指します。がん検診を受けて「異常がない」場合は、定期的に次回の検診を受診することになりますが、「要精密検査」と判断された場合には、精密検査を受診することが必要です。精密検査を受けて『異常なし、または良性の病変』であったときには次回の検診へ、となります。しかし“がん”と診断された場合は、治療に進むことががん検診の流れです。

精密検査や治療を受けなければがん検診の効果はなくなってしまいます。

デイサービス昭和館は、がん対策推進企業アクションの理念に賛同し、職域におけるがん検診受診率向上を企業連携で一緒に推進するパートナー企業・団体として登録し、活動に参加しています。

がん対策推進企業アクションに関するお問い合わせ
がん対策推進企業アクション事務局(株式会社電通内)
電話:03-3823-0056

無料ケアマネ受験対策講座

認知症サポーター上級者育成

ロバ隊長ペーパークラフト

ご利用までの流れ

大阪市介護予防事業

見守り活動の手引き

わたしたちの認知症ケア

認知症サポーター等推進事業

認知症対応力向上のための支援

国民運動・国民プロジェクト

Google+1 Button

Google+ 共有

ページのトップへ戻る