デイサービス昭和館

西成区西天下茶屋にある戸建て民家を改修した
定員10名の小規模地域密着型デイサービスです。

トップ > 西天下茶屋駅の歴史

西天下茶屋駅の歴史

西天下茶屋駅の歴史は古く、大正4年9月18日に当時の大阪高野鉄道の津守駅と阿倍野(現・岸里玉出)駅の間に新設されました。

昭和55年頃の西天下茶屋駅

西天下茶屋駅舎に向かって左側出入口付近には、公衆電話の設置を示す看板(赤い電話機マーク)があり、大型赤公衆電話機が設置されていました。
駅舎に向かって右側には公衆電話ボックスが設置されています。

西天下茶屋駅南海汐見橋線西天下茶屋駅(出典:南海の駅 p44)

昭和55年11月21日発行の「南海の駅」に掲載されている写真(上)を見ると、駅舎正面に設置された駅名標(駅名板)は、開業当時の形状(蒲鉾型)が維持されていますが、駅名の書体はゴシック体に変更されているのがわかります。
書体の変更とともに「驛」から「駅」へ「えき」の字体も変更されています。

昭和62年~63年頃の西天下茶屋駅

昭和62年~63年頃の西天下茶屋駅には、まだ大型赤公衆電話機が設置されています。

西天下茶屋駅南海汐見橋線西天下茶屋駅(出典:わたしたちのまちばいなん p10)

昭和63年5月10日発行の「わたしたちのまちばいなん」に掲載されている写真(上)を見ると、駅名標(駅名板)は、蒲鉾型から長方形の形状のものに付け替えられているのがわかります。

西天下茶屋駅舎の駅名標

平成28年3月15日に南海汐見橋西天下茶屋駅舎の駅名標の取り付け工事が行われました。

西天下茶屋駅南海汐見橋線西天下茶屋駅(撮影:平成28年3月15日)

上の南海汐見橋西天下茶屋駅舎の写真を見て何かに気付いた人はいらっしゃるでしょうか。
工事の様子を撮影した左側の写真は新しい駅名標の取り付け前ですが、よく見ると取り換える駅名標の下に以前の古い蒲鉾型の駅名標が残されています。
つまり、古い蒲鉾型の駅名標を残したまま右側の写真のように上から覆い被せていた外側の駅名標を新しいものに取り換えているのです。

昭和時代の西天下茶屋駅乗降客人員

西天下茶屋駅乗降人員の推移

昭和時代の西天下茶屋駅乗降人員の推移(各年度一日平均)
年度乗降年度乗降
昭和58年度2,596昭和49年度4,355
昭和57年度2,637昭和48年度4,283
昭和56年度2,776昭和47年度4,174
昭和55年度2,982昭和46年度4,202
昭和54年度3,221昭和45年度4,680
昭和53年度3,385昭和44年度4,786
昭和52年度3,474昭和43年度4,809
昭和51年度3,636昭和42年度4,701
昭和50年度4,005昭和41年度4,533
出典:南海電気鉄道百年史(単位:人)

記録によると、西天下茶屋駅の一日の乗降客人員は、昭和28年頃から3千人を超え、年々増え続けました。 沿線にあった工場で働く人たちの通勤利用などが理由です。

昭和43年度に一日の乗降客人員はピークを迎え4,809人を記録していますが、その翌年度から乗降客人員は減少しています。

昭和時代の西天下茶屋駅乗降客人員(各年度一日平均)
年度乗降
昭和40年度(1965年度)4,635
昭和37年度(1962年度)3,880
昭和32年度(1957年度)3,182
昭和28年度(1953年度)3,072
出典:西成区史(単位:人)

大正時代の西天下茶屋驛昇降人員

西天下茶屋驛乗降人員の推移

大正時代の西天下茶屋驛昇降人員
乗車降車
大正13年(1924年)576,571578,233
大正12年(1923年)492,486499,503
大正11年(1922年)428,919436,465
大正10年(1921年)353,691358,764
大正9年(1920年)293,960299,366
大正8年(1919年)174,239177,293
大正7年(1918年)53,37653,761
出典:今宮町志(単位:人)

参考文献

貞本義保(1926)『今宮町志』今宮町.
川端直正(1968)『西成区史』西成区市域編入40周年記念事業委員会.
―(1980)『南海の駅』南海電気鉄道総務部広報課.
―(1983)『南海電気鉄道百年史』南海電気鉄道株式会社.
―(1988)『わたしたちのまちばいなん』大阪市立梅南小学校.

無料ケアマネ受験対策講座

認知症サポーター上級者育成

ロバ隊長ペーパークラフト

ご利用までの流れ

大阪市介護予防事業

見守り活動の手引き

わたしたちの認知症ケア

認知症サポーター等推進事業

認知症対応力向上のための支援

国民運動・国民プロジェクト

Google+1 Button

Google+ 共有

ページのトップへ戻る