デイサービス昭和館

西成区西天下茶屋にある戸建て民家を改修した
定員10名の小規模地域密着型デイサービスです。

トップ > 2019年度 認知症サポーター若年性認知症講座

2019年度 認知症サポーター若年性認知症講座

認知症サポーター若年性認知症講座(認知症サポーターフォローアップ講座)

若年性認知症の人は、年齢的に働き盛りで、就学期の子どもがいる場合も少なくありません。そのため、仕事を辞めなければならないと経済的困難に陥ってしまいます。

また、認知症高齢者の場合に比べ、周囲の人、そして家族も病気を理解し受け入れるのに往々にして時間がかかります。現役途中で認知症になった人への職場や地域での手助けが求められています。

大阪市認知症サポーター若年性認知症講座

2019年度 大阪市認知症サポーター若年性認知症講座

西成区キャラバン・メイト連絡会による認知症サポーター若年性認知症講座

認知症サポーター若年性認知症講座は、若年性認知症の理解を深めることを目的としており、若年性認知症の人の支え手となる認知症サポーターを育成するための講座です。

2019年度 認知症サポーター若年性認知症講座

2019年度 大阪市認知症サポーター若年性認知症講座
目的若年性認知症の人の支え手となる認知症サポーターを育成すること。
主催西成区キャラバン・メイト連絡会
後援西成区認知症強化型地域包括支援センター
会場デイサービス昭和館(電話:06-6655-5670)
住所大阪市西成区松3-5-25
内容

若年性認知症は、働き盛りや家庭で大きな役割を担っている65歳未満の世代の人に発症し、社会や家庭における生活への影響が大きいことから、高齢者の認知症とは違った様々な支援が必要となります。
一人ひとりが若年性認知症の人の支え手として、若年性認知症の存在を知り理解を深めるために、受講者によるグループディスカッション(討論)を交えて、講義を進めます。

講師:久保田 寛
大阪市認知症介護指導者

若年性認知症とは?
若年性認知症の実態
若年性認知症を疑ったら
診断のその後は
就労に関する問題
子どもへの影響
若年性認知症への取り組み
教材若年性認知症ってなんだろう
~若年性認知症を理解し、支え手の一人になるために~
(認知症介護研究・研修大府センター 編集・発行)
日時第1回 2019年4月26日(金)18:00~20:00【終了】
第2回 以降 日程調整中
対象者大阪市在住または在勤の方
認知症サポーター養成講座を受講済みの方
若年性認知症の人の支え手となることを目指している認知症サポーター
定員5名(要事前申込・先着順)
持ち物筆記用具・ノート・A4サイズの教材を持ち帰るための袋やカバンなど
費用
無料
申込書申込用紙をダウンロードし、必要事項を記入の上、FAXしてください。
  • 2019年度 大阪市認知症サポーター若年性認知症講座申込書【第1回】
  • 送信先(FAX番号:06-6655-5671)
    申込期間は開催日の前日までとなります。
    応募が定員に達した場合は募集を終了します。
    備考※認知症初期集中支援チーム等の相談窓口を周知します。
    ※大阪市認知症ナビについてリーフレットを配布します。
    ※大阪市認知症アプリ(認知症サポーターの登録等)の説明を行います。

    上記の日時や内容は主催者の都合により予告なく変更されることがあります。

    大阪市認知症サポーター若年性認知症講座の開催スケジュールは、大阪市キャラバン・メイト事務局までお問い合わせください。

    大阪市キャラバン・メイト事務局
    大阪市天王寺区東高津町12-10 大阪市立社会福祉センター2階
    電話:06-6765-7273

    大阪市認知症サポーター養成講座のオープン講座

    大阪市内で開催を予定している認知症サポーター養成講座のオープン講座開催情報を公開しています。
    参加には事前の申し込みが必要となります。


    オープン講座開催情報(大阪市内で開催を予定している認知症サポーター養成講座)

    参加要件のある講座もあります。確認の上、参加希望の講座担当者までご連絡ください。

    大阪市キャラバン・メイト事務局
    大阪市天王寺区東高津町12-10 大阪市立社会福祉センター2階
    電話:06-6765-7273

    認知症サポーター若年性認知症講座教材

    認知症サポーター若年性認知症講座教材について

    認知症サポーター若年性認知症講座では、認知症介護研究・研修大府センターが編集・発行している「若年性認知症ってなんだろう ~若年性認知症を理解し、支え手の一人になるために~」を使用します。

    認知症サポーター若年性認知症講座教材

    認知症介護研究・研修大府センター
    全国若年性認知症支援センター
    愛知県大府市半月町3-294
    電話:0562-44-5551

    医療・介護のこと(認知症ケアパス)

    認知症初期集中支援チーム及び若年性認知症の相談窓口

    認知症の早期発見・早期支援のため、認知症診療・ケアの経験豊富な医師と、医療・介護福祉の専門職で構成する認知症初期集中支援チームを、各区1か所の地域包括支援センターに設置しています。

    認知症初期集中支援チームには、若年性認知症の人を支援する認知症地域支援推進員を配置しています。若年性認知症や支援困難症例への対応や地域の認知症対応力向上等に資する業務を行っています。

    大阪市 福祉局 高齢者施策部 高齢福祉課 認知症施策グループ
    大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所2階)
    電話:06-6208-8051

    大阪府・大阪市の主催による若年性認知症啓発セミナー

    平成30年度、若年性認知症の早期発見・早期対応に向けて、産業医、産業看護師、産業保健師、企業等の人事・労務担当者等の産業保健スタッフ、地域包括支援センターの職員、認知症地域支援推進員、認知症初期集中支援チーム員、市町村行政担当者等を対象とし、若年性認知症の人に対する就労上の支援について理解を深めるために、若年性認知症啓発セミナーを開催しました。

    若年性認知症啓発セミナー

    大阪府 福祉部 高齢介護室 介護支援課 認知症・医介連携グループ
    大阪府大阪市中央区大手前3丁目2-12(大阪府庁別館6階)
    電話:06-6944-7098

    大阪市 福祉局 高齢者施策部 高齢福祉課 認知症施策グループ
    大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所2階)
    電話:06-6208-8051

    大阪市立弘済院附属病院における「若年性認知症外来」の実施について

    認知症専門医による鑑別診断や薬物療法のほか、本人サポートの会において、専門スタッフによる助言やピアカウンセリングを行うなど、認知症の人やその家族への支援に力を入れています。

    また、かかりつけ医や地域包括支援センター等との連携や、これまでも実施してきた看護外来、もの忘れ教室、家族会、グループ回想法などの専門性を活かした活動とも連動させるなど、さらに認知症の人やその家族のニーズに即した役割を担えるよう取り組んでいます。

    大阪市立弘済院附属病院若年性認知症外来

    受診方法

    完全予約制です。
    電話で受診日の予約をしてください。
    初診電話予約:06-6871-8073
    受付時間:月曜日から金曜日(年末年始・休日を除く)9時から17時(12時15分から13時を除く)

    大阪市立弘済院附属病院
    大阪府吹田市古江台6丁目2番1号
    電話:06-6871-8013

    認知症施策の推進について

    認知症総合戦略推進事業(平成31年度)

    概要

    認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)に基づき、適時適切な医療介護等の提供、若年性認知症施策の強化、認知症高齢者等にやさしい地域づくりの推進等各種施策を進める必要がある。

    このため、広域的な見守り体制の構築、初期集中支援チームや地域支援推進員の活動についての支援、医療介護連携体制の確立、若年性認知症支援コーディネーターの設置のほか、認知症本人のピア活動の推進や認知症の人等の支援ニーズに認知症サポーターをつなげる仕組みの構築を進め、認知症の人やその家族が安心して住み続けられる地域づくりを推進する。

    事業内容

    1. 先駆的な取組の共有や、広域での連携体制の構築
      (主な事業内容)
      ・広域の見守りネットワークの構築
      ・専門職等派遣による初期集中支援チームや地域支援推進員の活動支援
      ・認知症医療と介護の連携の枠組み構築等
    2. 認知症の人や家族が気軽に相談できる体制の構築、認知症の理解の促進、
    3. 若年性認知症の人の状態やライフステージに応じた適切な支援
      ・若年性認知症支援コーディネーター支援や相談窓口の設置の拡充
      ・若年性認知症の人の社会参加活動の推進
    4. 認知症本人のピア活動の推進
    5. 認知症の人等の支援ニーズに認知症サポーターをつなげる仕組みの構築

    実施主体

    1. 都道府県、2.~4. 都道府県・指定都市、5. 都道府県・市町村

    補助率

    1/2

    オレンジリンク

    出典:厚生労働省

    (出典:老健局重点事項説明資料 平成31年1月18日(金)全国厚生労働関係部局長会議)

    平成31年度当初予算主要事業(政策企画室)

    暮らしを守る福祉等の向上

    真に支援を必要とする人々のための施策を推進します

    大阪市では、市民の暮らしを守り、住民福祉のさらなる向上を図るため、真に支援の必要な方にしっかりとサービスが届くよう取組を進めています。

    2019年度(平成31年度)からは、新たに認知症の人の社会活動推進事業に取り組んでいきます。

    認知症の人がいきいきと暮らし続けるための社会活動推進事業

    認知症高齢者の更なる増加が見込まれる中、2018年(平成30年)2月の「認知症の人をささえるまち大阪宣言」に掲げた「認知症の人がいきいきと暮らし続けることができるまち」の実現をめざして、認知症施策を総合的に推進しています。

    認知症の人の支援にかかる課題として、認知症の初期の段階では、診断を受けても必ずしもまだ介護が必要な状態にはなく、サポート体制が十分ではないこと、まだ様々なことができる能力があるにも関わらず、活動する場がないことなどがあげられています。

    これらの課題の対応策として、認知症の人の生きがいや居場所づくりを支援するため、社会活動の拠点を設置し、認知症の人自身がピアサポーターとして認知症と診断された人への相談活動を行う「ピア活動」や、当事者によるカフェ運営など、認知症の人自らが社会の中で役割を得て活動する場の創出に取り組みます。

    併せて、認知症の人の社会活動に関する調査・研究を実施するとともに、その結果をもとに認知症の人の雇用が拡がるよう企業等の意識を高めるための必要な啓発活動を行うことにより、認知症の人の社会活動の機会を拡げる取組みを推進します。

    認知症の人の社会活動推進事業

    【平成31年度予算額】1,900万円 新規

    大阪市福祉局高齢者施策部高齢福祉課
    大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所2階)
    電話:06-6208-8027

    認知症総合戦略推進事業の実施について

    「認知症施策等総合支援事業の実施について」の一部改正について

    「認知症施策等総合支援事業の実施について」の一部改正について

    出典: 厚生労働省老健局総務課認知症施策推進室

    (出典:平成30年3月6日(火)全国介護保険・高齢者保健福祉担当課長会議 資料)

    認知症サポーターキャラバン

    私は58歳の時に認知症と診断された。

    Juvenile Dementia Supporter

    「それがどうした」と言ってくれた人達がいた。

    認知症になってからギターや山登り、色んな事をはじめた。
    いつもそばに仲間がいてくれた。
    支えがあれば、あきらめる事よりやれる事の方が多くなる。
    見守る支援する。

    認知症サポーターキャラバン

    全国キャラバン・メイト連絡協議会
    東京都新宿区市谷田町2-7―15 近代科学社ビル4階
    電話:03-3266-0551

    「認知症を知り地域をつくる10ヵ年」の構想

    認知症を知り地域をつくるキャンペーン

    2004年12月に「痴呆」の呼び名が「認知症」に改まり、つづく2005年度が「認知症を知る1年」と位置づけられました。単なる呼称変更にとどまらず、今後多くの人々に認知症が正しく理解され、また認知症の方が安心して暮らせる町がつくられていくよう、その第一歩として、普及啓発のためのキャンペーンが開始されました。

    厚生労働省の「認知症を知り 地域をつくる10ヵ年」の構想のもと、認知症の方とそのご家族を地域の中で支える「地域づくり」をめざしています。民間の有識者や団体を中心とした「認知症になっても安心して暮らせる町づくり100人会議」の支援をうけ、平成17年度から全国で展開されています。

    みんなで認知症の人とその家族を支え、見守り、ともに生きる地域を築いていく運動を推進しています。

    認知症になっても安心して暮らせる町づくり100人会議宣言
    1. わたしたちは、認知症を自分のこととしてとらえ、学びます。
    2. わたしたちは、認知症の人の不安や混乱した気持ちを理解するよう努めます。
    3. わたしたちは、認知症の人が自由に町に出かけられるよう、応援します。
    4. わたしたちは、認知症の人や家族が笑顔で暮らしていけるよう、いっしょに考えます。
    5. わたしたちは、市民や企業人としてできることを行い、安心して暮らせる町づくりをめざします。

    認知症サポーター100万人キャラバン

    私たちデイサービス昭和館のスタッフは、認知症に対して正しく理解し、偏見をもちません。
    認知症の人やそのご家族を温かい目で見守ります。
    地域でできることを探し、相互扶助・協力・連携のネットワークづくりに寄与します。

    認知症サポーターキャラバン

    デイサービス昭和館のスタッフは大阪市キャラバン・メイトとして登録し、活動に参加しています。

    認知症サポーターおよびキャラバン・メイトに関するお問い合わせ
    大阪市社会福祉協議会 地域福祉課(大阪市キャラバン・メイト事務局)
    電話:06-6765-7273

    認知症サポーターの養成と活動の支援

    認知症施策推進総合戦略~認知症高齢者等にやさしい地域づくりに向けて~(新オレンジプラン)では、認知症への理解を深めるための普及・啓発を推進しています。

    認知症サポーターの養成と活動の支援について、認知症サポーターを量的に養成するだけでなく、活動の任意性を維持しながら、認知症サポーターが様々な場面で活躍してもらうことに重点を置いています。

    認知症サポーター

    デイサービス昭和館は、事業所の休業日に施設の一部を提供し、社会貢献の一環として、認知症カフェ(オレンジカフェ昭和館)を開催しています。

    認知症サポーターキャラバン

    オレンジカフェ昭和館では、ボランティア活動としてお手伝いしてくださる方を受け入れしています。
    認知症サポーター養成講座を修了して、認知症サポーターとして活躍の場をお探しの方はお気軽にお問い合わせください。

    大阪市認知症ナビ

    大阪市認知症アプリ

    認知症サポーター養成講座

    ロバ隊長ペーパークラフト

    認知症サポーター上級者育成

    チームオレンジステップアップ

    キャラバン・メイト活動支援

    認知症カフェ

    認とも

    家族向け介護教室

    認知症ケアに携わる人材育成

    特集 認知症ケア!全力対応!

    ご利用までの流れ

    Yahoo!カテゴリ登録サイト

    なぜ、見守りが必要なの?

    認知症の人への対応について

    介護予防ポイント事業

    いきいき百歳体操

    わたしたちの認知症ケア

    英国版認知症サポーター制度

    認知症サポーター等推進事業

    あしたの暮らしをわかりやすく

    国民運動・国民プロジェクト

    認知症介護指導者グループウェア

    Google+1 Button

    Google+ 共有

    ページのトップへ戻る