デイサービス昭和館

西成区西天下茶屋にある戸建て民家を改修した
定員10名の小規模地域密着型デイサービスです。

トップ > 利用規約

サイトの利用について

利用規約

本サイトは、デイサービス昭和館(以下、当館)が運営しております。
本サイトをご利用になる前に以下の利用規約をお読みいただき、これらの条件に同意された場合のみご利用ください。
また、当館は、本サイトの利用規約を変更することがあります。
その際には改訂版を掲載いたしますので、最新の内容をご確認いただくようお願いします。

本サイトにて掲載しております情報は、当館が日本国内に居住のお客様に対してのみご案内するものです。
本サイトへのアクセスは日本国外からも可能ですが、お問い合わせや資料請求などへのご対応は、日本国内のみとさせていただきます。

本サイトまたは他の方法により当館が収集したお客様に関する情報は、当館の個人情報保護方針に従って取り扱われます。
当事業所の個人情報保護方針については、個人情報保護方針のページに記載の通りです。

本サイトのご利用に際し、次の行為をしてはならないものとします。

  • 当館または第三者に不利益もしくは損害を与える行為、またはそのおそれのある行為。
  • 当館または第三者の財産やプライバシーなどを侵害、またはそのおそれのある行為。
  • 当館または第三者の名誉もしくは信用を毀損する行為。
  • コンピュータウィルス等有害なプログラムを使用または提供する行為、またはそのおそれのある行為。
  • 公序良俗に反する行為、またはそのおそれのある行為。
  • その他、法律、法令もしくは条例に違反する行為、またはそのおそれのある行為。
  • その他、当館が不適切と判断する行為。
  • お客様が法令または本利用規約に違反して、当館に損害を与えた場合は、当館はお客様に対して、損害賠償請求を行うことができるものとします。

    本サイトの利用ならびに本利用規約の解釈および適用は、日本国法に準拠するものとします。また、本サイトの利用に関わるすべての紛争については、大阪地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とするものとします。

    「認知症を知り地域をつくる10ヵ年」の構想

    認知症を知り地域をつくるキャンペーン

    2004年12月に「痴呆」の呼び名が「認知症」に改まり、つづく2005年度が「認知症を知る1年」と位置づけられました。単なる呼称変更にとどまらず、今後多くの人々に認知症が正しく理解され、また認知症の方が安心して暮らせる町がつくられていくよう、その第一歩として、普及啓発のためのキャンペーンが開始されました。

    厚生労働省の「認知症を知り 地域をつくる10ヵ年」の構想のもと、認知症の方とそのご家族を地域の中で支える「地域づくり」をめざしています。民間の有識者や団体を中心とした「認知症になっても安心して暮らせる町づくり100人会議」の支援をうけ、平成17年度から全国で展開されています。

    みんなで認知症の人とその家族を支え、見守り、ともに生きる地域を築いていく運動を推進しています。

    認知症になっても安心して暮らせる町づくり100人会議宣言
    1. わたしたちは、認知症を自分のこととしてとらえ、学びます。
    2. わたしたちは、認知症の人の不安や混乱した気持ちを理解するよう努めます。
    3. わたしたちは、認知症の人が自由に町に出かけられるよう、応援します。
    4. わたしたちは、認知症の人や家族が笑顔で暮らしていけるよう、いっしょに考えます。
    5. わたしたちは、市民や企業人としてできることを行い、安心して暮らせる町づくりをめざします。

    認知症サポーター100万人キャラバン

    私たちデイサービス昭和館のスタッフは、認知症に対して正しく理解し、偏見をもちません。
    認知症の人やそのご家族を温かい目で見守ります。
    地域でできることを探し、相互扶助・協力・連携のネットワークづくりに寄与します。

    認知症サポーターキャラバン

    デイサービス昭和館のスタッフは大阪市キャラバン・メイトとして登録し、活動に参加しています。

    認知症サポーターおよびキャラバン・メイトに関するお問い合わせ
    大阪市社会福祉協議会 地域福祉課(大阪市キャラバン・メイト事務局)
    電話:06-6765-7273

    認知症サポーターの養成と活動の支援

    認知症施策推進総合戦略~認知症高齢者等にやさしい地域づくりに向けて~(新オレンジプラン)では、認知症への理解を深めるための普及・啓発を推進しています。

    認知症サポーターの養成と活動の支援について、認知症サポーターを量的に養成するだけでなく、活動の任意性を維持しながら、認知症サポーターが様々な場面で活躍してもらうことに重点を置いています。

    認知症サポーター

    デイサービス昭和館は、事業所の休業日に施設の一部を提供し、社会貢献の一環として、認知症カフェ(オレンジカフェ昭和館)を開催しています。

    認知症サポーターキャラバン

    オレンジカフェ昭和館では、ボランティア活動としてお手伝いしてくださる方を受け入れしています。
    認知症サポーター養成講座を修了して、認知症サポーターとして活躍の場をお探しの方はお気軽にお問い合わせください。

    大阪市認知症ナビ

    大阪市認知症アプリ

    認知症サポーター養成講座

    ロバ隊長ペーパークラフト

    認知症サポーター上級者育成

    キャラバン・メイト活動支援

    認知症カフェ

    認とも

    家族向け介護教室

    特集 認知症ケア!全力対応!

    ご利用までの流れ

    Yahoo!カテゴリ登録サイト

    なぜ、見守りが必要なの?

    認知症の人への対応について

    介護予防ポイント事業

    いきいき百歳体操

    わたしたちの認知症ケア

    英国版認知症サポーター制度

    認知症サポーター等推進事業

    認知症カフェ

    認とも

    家族向け介護教室

    あしたの暮らしをわかりやすく

    国民運動・国民プロジェクト

    認知症介護指導者グループウェア

    Google+1 Button

    Google+ 共有

    ページのトップへ戻る