デイサービス昭和館

西成区西天下茶屋にある戸建て民家を改修した
定員10名の小規模地域密着型デイサービスです。

トップ > リンク

大阪市認知症ナビ

大阪市認知症支援ナビ

大阪市認知症アプリ・認知症ナビを公開しました

大阪市は、平成30年3月30日(金曜日)から、大阪市公式アプリ「大阪市認知症アプリ」・大阪市公式ウェブサイト「大阪市認知症ナビ」を公開しました。
大阪市認知症アプリ・大阪市認知症ナビは、認知症の方ご自身だけでなく、ご家族、支援者にもご活用いただきやすいものとなっています。
認知症の相談窓口の周知や認知症に関する正しい知識の普及・啓発により、市民自らの認知症予防の取組みや、認知症の早期発見・早期対応を支援するとともに、アプリ利用による蓄積データの分析や、地域のイベント情報等のタイムリーな配信を行います。

認知症疾患医療センター

大阪市が指定する認知症疾患医療センター

認知症疾患医療センターとは

認知症疾患医療センターとは、地域において認知症に対して進行予防から地域生活の維持まで必要となる医療を提供できる機能体制の構築を図るために、保健医療・介護機関等と連携しつつ、認知症疾患に関する鑑別診断とその初期対応、周辺症状と身体合併症の急性期治療に関する対応、専門医療相談等を実施するとともに、地域保健医療・介護関係者への研修等を行う医療機関です。
大阪市では地域型を3か所、さらに平成29年9月から連携型を3か所加え、計6か所設置しています。

地域型
連携型

認知症ケア

認知症介護研究・研修センター

DCnetとは

DC net(ディ・シー・ネット)とは認知症介護研究・研修センター(東京、大府、仙台)が運営する認知症介護に関する認知症介護情報ネットワークの総称です。
厚生労働省の推計によると、要介護(要支援)認定者について「何らかの介護・支援を必要とする認知症がある高齢者」(認知症老人自立度2以上)は2002年で約150万人。2015年までにおおよそ100万人増えて250万人とされています。現在、認知症への取り組みとして医学的視点からの「認知症治療」と並んで重要なのが、認知症高齢者に対する介護、いわゆる「認知症介護」です。
こうしたなか、国の補助事業として平成12年度に「認知症介護研究・研修センター」が設置されました。認知症介護研究・研修センターでは、認知症介護に関する研究を行うとともに、認知症介護に関する研修システムを整備し、認知症介護の専門職員を育成して全国の高齢者施設や在宅サービスの現場にその成果を普及しています。
こういった取り組みのもと、認知症介護に関する情報提供、認知症介護研究の促進、介護職の教育支援などを行うことを目的として新しく構築された情報ネットワークがDC netです。

パーソン・センタード・ケアと認知症ケアマッピング(DCM)

DCM(Dementia Care Mapping)について

DCMは安易なハウツーではありません。ゆっくりと確実にパーソン・センタード・ケアに近付いていくツールです。
そのようなDCM法を活用し、私たちが目指すのは、「人と人との誠実なつながりを深め、尊重し合う相互関係をつくることです。
つまり、介護する側・される側の区別なく、「私は必要とされている」と感じられる相互関係をつくることです。

認知症カフェ

オレンジカフェ悠楽

認知症対応型デイサービス悠楽さんが、毎月第2・4木曜日の13時~16時に開催している認知症カフェです。医療・福祉はもちろん、行政や異業種との連携や協力の体制が充実していることもあり、あらゆる相談に対応されています。挽きたての珈琲や手作りパウンドケーキを提供するなど、美味しさにもこだわっておられます。

オレンジカフェ悠楽

  • Orange Cafe 悠楽
    〒557‐0012 大阪市西成区聖天下2-6-1 認知症対応型デイサービス悠楽
    電話番号:06-7501-9174

社会福祉協議会

大阪市社会福祉協議会(市社協)

大阪市社会福祉協議会(以下、市社協)は、大阪市における社会福祉事業その他の社会福祉を目的とする事業の健全な発達及び社会福祉に関する活動の活性化により、地域福祉の推進を図ることを目的として、昭和26年5月28日に法人設立されました。
長年住み慣れた地域社会の中で安心して暮らし続けるためには、公的な福祉サービスだけでは解決できない様々な福祉課題があります。
市社協では、住みなれた地域や家庭で暮らし続けたいという高齢者や障がいのある人、子どもたちの願いを実現するため、「一人ひとりの人権が尊重されるやさしさとぬくもりのある福祉によるまちづくり」をめざし、区・ 地域(地区・校下)社会福祉協議会や福祉関係機関・団体と連携協調して、地域福祉・在宅福祉サービスの推進、ボランティア・市民活動の推進、調査・広報啓発活動の推進、大阪市施策の事業受託運営、障がい者支援事業及び介護保険関係事業の実施などを積極的に展開し、地域福祉の推進に取り組んでいます。

区社会福祉協議会(区社協)

区社会福祉協議会(区社協)は、区在宅サービスセンターを主な拠点として、地域福祉活動・ボランティア活動の推進や、困りごとを抱える住民への相談に関する事業などをおこなっています。
行政からの委託事業や、区の特性に応じた独自事業などもあり、事業実施状況は異なる場合がありますが、ご相談を受けて適切な機関におつなぎしています。

地域包括ケアシステム情報提供サイト

介護サービス情報公表システム

介護サービス情報公表システムは、「地域包括ケアシステム」に関連する施策と連動した地域の社会資源を一元的に映し出しながら情報提供すること、介護サービス事業所の情報発信機能を強化するとともにサービス選択に資する情報を充実させることなどにより、国民が適切にサービスを選択し、利活用を促進することが目指されています。

地域包括ケア「見える化」システム

地域包括ケア「見える化」システムは、都道府県・市町村における介護保険事業(支援)計画等の策定・実行を総合的に支援するための情報システムです。
介護保険に関連する情報をはじめ、地域包括ケアシステムの構築に関する様々な情報が本システムに一元化され、かつグラフ等を用いた見やすい形で提供されます。

介護福祉士・認定介護福祉士

公益社団法人 日本介護福祉士会

日本介護福祉士会は、介護福祉士の職業倫理の向上、介護に関する専門的教育及び研究を通して、その専門性を高め、介護福祉士の資質の向上と介護に関する知識、技術の普及を図り、国民の福祉の増進に寄与しています。

一般社団法人 認定介護福祉士 認証・認定機構

認定介護福祉士認証・認定機構は、関係団体との連携のもとに認定介護福祉士の認定事業を創設し、認定介護福祉士の認定及び認定介護福祉士の認定事業の対象となる研修を認証することで、介護福祉士の質の向上を図り、もって我が国における介護サービスの高度化に対する社会的な要請に応えることで、国民の福祉の増進に寄与することを目的としています。

大阪市認知症ナビ

大阪市認知症アプリ

認知症サポーター養成講座

認知症サポーター上級者育成

キャラバン・メイト活動支援

特集 認知症ケア!全力対応!

ロバ隊長ペーパークラフト

Yahoo!カテゴリ登録サイト

ご利用までの流れ

介護予防ポイント事業

いきいき百歳体操

なぜ、見守りが必要なの?

認知症の人への対応について

わたしたちの認知症ケア

英国版認知症サポーター制度

認知症サポーター等推進事業

認知症カフェ

認とも

家族向け介護教室

あしたの暮らしをわかりやすく

国民運動・国民プロジェクト

Google+1 Button

Google+ 共有

ページのトップへ戻る