デイサービス昭和館

西成区西天下茶屋にある戸建て民家を改修した
定員10名の小規模地域密着型デイサービスです。

トップ > ぼけますから、よろしくお願いします。

文部科学省 特選映画「ぼけますから、よろしくお願いします。」

ドキュメンタリー映画「ぼけますから、よろしくお願いします。」

認知症の母と耳の遠い父と離れて暮らす私

ドキュメンタリー映画「ぼけますから、よろしくお願いします。」

AERIAL いま観るシネマ「ぼけますから、よろしくお願いします。」

信友直子(監督)認知症の母と支える父 ユーモアあふれる夫婦愛

映画「ぼけますから、よろしくお願いします。」の監督 信友直子さん
Asahi Shimbun Weekly AERA 2018.10.22 79頁「AERIAL いま観るシネマ」より

平成30年9月21日 朝日新聞 朝刊 2面「ひと」

映画「ぼけますから、よろしくお願いします。」の監督 信友直子さん

映画「ぼけますから、よろしくお願いします。」の監督 信友直子さん
2018年(平成30年)9月21日 朝日新聞 朝刊 2面「ひと」より

ひとり娘 ドキュメンタリー監督

信友直子 Profile
1961年広島県呉市生まれ。東京大学卒業。在京キー局で数多くのドキュメンタリー番組を手掛ける。
放送文化基金賞奨励賞、ニューヨークフェスティバル銀賞、ギャラクシー賞奨励賞など受賞多数。
Facebook


映画「ぼけますから、よろしくお願いします。」チラシ

カメラを向けて初めて気づいた。両親がお互いを思い合っているということ。

映画「ぼけますから、よろしくお願いします。」チラシ
チラシビジュアル ©「ぼけますから、よろしくお願いします。」製作・配給委員会

文部科学省 特別選定映画

特別選定映画

映画「ぼけますから、よろしくお願いします。」は、文部科学省教育映像等審査を申請し、「青年向き」「成人向き」「家庭向き」において、映像作品等の特別選定を受けています。


作品の内容
認知症と診断された80代後半の母を介護する90代の父。その夫婦の姿を娘である「私」が3年以上にわたり記録した。どの家族にも起こり得る普遍的な問題としてとらえたドキュメンタリー。
教育映像等審査制度

文部科学省では、映画その他の映像作品及び紙芝居(以下「映像作品等」という。)について、教育上価値が高く、学校教育又は社会教育に広く利用されることが適当と認められるものを選定し、あわせて教育に利用される映像作品等の質的向上に寄与することを目的として、教育映像等審査規程に基づいて映像作品等の審査を行っています。

文部科学省 生涯学習政策局 情報教育課
03-5253-4111(代表)
050-3772-4111(IP 電話代表)

映画倫理機構(映倫)

映倫 審査作品

映画倫理機構(映倫)は表現の自由を護り、青少年の健全な育成を目的として映画界が自主的に設立した第三者機関です。

映画倫理機構 審査作品
審査日2018年8月30日
題名ぼけますから、よろしくお願いします。
区分G
指定理由広島県呉市、認知症と診断された80歳過ぎの母と、介護をする90歳過ぎの父。
二人の生活を娘の「私」がカメラで追いかける。
ドキュメンタリー。
(1時間41分)
映倫番号121691
会社(製作国)
〈配給〉
ネツゲン(日本)
〈ネツゲン、フジテレビ、関西テレビ〉

一般財団法人 映画倫理機構
東京都中央区築地1-4-5 第37興和ビル 4F

映画「ぼけますから、よろしくお願いします。」作品解説

母、87歳、認知症。父、95歳、初めての家事。

広島県呉市。この街で生まれ育った「私」(監督・信友直子)は、ドキュメンタリー制作に携わるテレビディレクター。18歳で大学進学のために上京して以来、40年近く東京暮らしを続けている。結婚もせず仕事に没頭するひとり娘を、両親は遠くから静かに見守っている。
そんな「私」に45歳の時、乳がんが見つかる。めそめそしてばかりの娘を、ユーモアたっぷりの愛情で支える母。母の助けで人生最大の危機を乗り越えた「私」は、父と母の記録を撮り始める。だが、ファインダーを通し、「私」は少しずつ母の変化に気づき始めた…
病気に直面し苦悩する母。95歳で初めてリンゴの皮をむく父。仕事を捨て実家に帰る決心がつかず揺れる「私」に父は言う。「(介護は)わしがやる。あんたはあんたの仕事をせい」。そして「私」は、両親の記録を撮ることが自分の使命だと思い始め─

大反響のテレビドキュメンタリー、待望の映画化。

娘である「私」の視点から、認知症の患者を抱えた家族の内側を丹念に描いたドキュメンタリー。2016年9月にフジテレビ/関西テレビ「Mr.サンデー」で2週にわたり特集され、大反響を呼んだ。その後、継続取材を行い、2017年10月にBSフジで放送されると、視聴者から再放送の希望が殺到。本作は、その番組をもとに、追加取材と再編集を行った完全版である。娘として手をさしのべつつも、制作者としてのまなざしを愛する両親にまっすぐに向けた意欲作。

映画「ぼけますから、よろしくお願いします。」予告動画

ぼけます予告Youtube ver

映画「ぼけますから、よろしくお願いします。」推薦コメント

推薦コメント(五十音順)

映画「ぼけますから、よろしくお願いします。」推薦コメント
推薦コメント ©「ぼけますから、よろしくお願いします。」製作・配給委員会

今井幸充 医師(認知症専門病院 医療法人社団翠会 和光病院 院長)
認知症の妻と90歳を超えた夫との日々の生活を追い続けたドキュメンタリー映画、
なぜかそこには悲壮感、悲哀感はない。
幸せな老夫婦の姿だけが印象に残った心打たれる真実のドラマ。

引用:映画「ぼけますから、よろしくお願いします。」公式サイト
(http://bokemasu.com/)

映画「ぼけますから、よろしくお願いします。」トークショー

トークショー「認知症専門医が見る『ぼけますから、よろしくお願いします。』」

ポレポレ東中野トークショー

2018年11月10日(土)12:30の回 上映後

ゲスト:今井幸充 医師(認知症専門病院 医療法人社団翠会 和光病院 院長) × 信友直子(映画監督)

ポレポレ東中野
東京都中野区東中野4-4-1
ポレポレ坐ビルB1F
03-3371-0088

認知症ねっと ユッキー先生の認知症コラム

第45回 介護離職
2016年9月11日と18日の2回にわたり、フジテレビMr.サンデーの番組で、現役TVディレクターとして活躍している信友さんが、認知症の母親を自身で取り続けた動画が放映されました。広島に住む両親を世話するには、仕事を辞めざるを得ない、と思い悩む信友さんの様子が、画像を通して伝わってきました。
そこで今回は、介護離職について考えてみたいと思います。親の介護を理由に離職を強いられた働き手は毎年10万人以上とも言われています。そのうちの約8割が女性で、年齢も50歳代の働き盛りで、このような経験豊富な人材が介護離職することは、大きな社会問題と言えます。
  1. 信友さんの場合
  2. 信友さんの葛藤
  3. 介護離職のきっかけ
  4. 介護をシェアするという考えかた
  5. ユッキー先生のアドバイス

引用:認知症ねっと ユッキー先生の認知症コラム 第45回 介護離職
(https://info.ninchisho.net/column/psychiatry_045)

映画「ぼけますから、よろしくお願いします。」公式サイト

OfficialSite


Facebook


映画「ぼけますから、よろしくお願いします。」劇場情報

2018年11月3日(土・祝)からポレポレ東中野ほか全国で順次公開されます。

都道府県劇場名上映期間お問い合わせ
東京ポレポレ東中野11月3日(土)~03-3371-0088
広島呉ポポロシアター11月17日(土)~0823-24-6609
広島横川シネマ11月17日(土)~082-231-1001
大阪シネマート心斎橋11月17日(土)~06-6282-0815
京都京都シネマ11月17日(土)~075-353-4723
兵庫元町映画館11月24日(土)~12月7日(金)
2019年1月27日(日)~2月8日(金)
078-366-2636
愛知名古屋シネマテーク11月24日(土)~052-733-3959
広島シネマ尾道11月24日(土)~12月7日(金)
12月29日(土)~
0848-24-8222
広島福山駅前シネマモード12月1日(土)~084-932-3381
東京下北沢トリウッド12月1日(土)~12月30日(日)
※火曜定休
03-3414-0433
東京T・ジョイPRINCE品川12月8日(土)~03-5421-1113
広島T・ジョイ東広島12月8日(土)~082-493-6781
広島広島バルト1112月8日(土)~082-561-0600
宮城フォーラム仙台12月28日(金)~022-728-7866
北海道ディノスシネマズ札幌劇場12月28日(金)~011-221-3802
北海道シネマアイリス12月29日(土)~0138-31-6761
神奈川川崎市アートセンター2019年1月4日(金)~044-955-0107
北海道シネマ・トーラス2019年1月5日(土)~1月18日(金)
※月曜定休
0144-37-8182
福岡KBCシネマ2019年1月5日(土)~092-751-4268
静岡静岡シネ・ギャラリー2019年1月5日(土)~054-250-0283
愛媛シネマルナティック2019年1月5日(土)~1月18日(金)089-933-9240
山形フォーラム山形2019年1月11日(金)~023-632-3220
福島フォーラム福島2019年1月11日(金)~024-533-1717
熊本Denkikan2019年1月12日(土)~096-352-2121
長野長野相生座・ロキシー2019年1月12日(土)~026-232-3016
長野アイシティシネマ2019年1月12日(土)~0263-97-3892
長野佐久アムシネマ2019年1月18日(金)~0267-66-1622
長野岡谷スカラ座2019年1月18日(金)~0266-22-2773
佐賀シアターシエマ2019年1月18日(金)~0952-27-5116
長野上田映劇2019年1月19日(土)~
※月曜定休
0268-22-0269
長野飯田センゲキシネマズ2019年1月19日(土)~0265-22-1070
大分玉津東天紅2019年1月22日(火)~1月27日(日)0978-25-4433
香川高松ソレイユ2019年1月25日(金)~087-861-3366
大分シネマ52019年1月26日(土)~097-536-4512
青森シネマディクト2019年1月26日(土)~2月8日(金)
※木曜定休
017-722-2068
兵庫豊岡劇場2019年1月26日(土)~2月8日(金)
※月曜定休
0796-34-6256
宮崎宮崎キネマ館2019年2月2日(土)~0985-28-1162
岡山シネマ・クレール2019年2月9日(土)~086-231-0019
福島まちポレいわき2019年2月
※特集上映内で一日限りの上映予定
0246-22-3394
大分日田リベルテ上映時期未定0973-24-7534
沖縄桜坂劇場上映時期未定098-860-9555
静岡シネマイーラ上映時期未定053-489-5539
埼玉川越スカラ座上映時期未定049-223-0733
神奈川シネマ・ジャック&ベティ上映時期未定045-243-9800


映画「ぼけますから、よろしくお願いします。」全国劇場情報(pdf)

キャスト・スタッフ
監督・撮影・語り:信友直子
プロデューサー:大島新/濱潤 共同プロデューサー:前田亜紀/堀治樹/山口浩史
編集:目見田健 実景撮影:南幸男 音響効果:金田智子 ライン編集:池田聡 整音:富永憲一
配給宣伝協力:ポレポレ東中野/ウッキー・プロダクション
製作・配給:ネツゲン/フジテレビ/関西テレビ(2018年/日本/102分)

映画「ぼけますから、よろしくお願いします。」シネマート心斎橋

大阪は、2018年11月17日(土)からシネマート心斎橋にて公開しています。

シネマート心斎橋

大阪市社会福祉協議会から後援名義使用承認を受けています。


後援:社会福祉法人 大阪市社会福祉協議会

シネマート心斎橋

映画「ぼけますから、よろしくお願いします。」シネマート心斎橋 舞台挨拶

シネマート心斎橋「ぼけますから、よろしくお願いします。」舞台挨拶付き上映会

舞台挨拶付き上映会

2018年11月23日(金)14:30の回 上映後

信友直子監督/大島新プロデューサー

シネマート心斎橋 Googleマップ

大阪シネマート心斎橋
大阪市中央区西心斎橋1-6-14
ビッグステップビル4F
06-6282-0815

信友直子映画監督

デイサービス昭和館は、信友直子映画監督を応援しています。

信友直子映画監督信友直子映画監督

信友直子映画監督の直筆サイン入り色紙(左)
映画のチラシとロバ隊長のペーパークラフトを手にする信友直子映画監督(右)

認知症サポーターキャラバン

デイサービス昭和館には認知症サポーターがいます

私たちデイサービス昭和館のスタッフは、認知症に対して正しく理解し、偏見をもちません。
認知症の人やそのご家族を温かい目で見守ります。
地域でできることを探し、相互扶助・協力・連携のネットワークづくりに寄与します。

認知症サポーター

デイサービス昭和館の管理者は大阪市キャラバン・メイトとして登録し、活動に参加しています。

認知症サポーターおよびキャラバン・メイトに関するお問い合わせ
大阪市社会福祉協議会 地域福祉課(大阪市キャラバン・メイト事務局)
電話:06-6765-7273

認知症サポーターの養成と活動の支援

認知症施策推進総合戦略~認知症高齢者等にやさしい地域づくりに向けて~(新オレンジプラン)では、認知症への理解を深めるための普及・啓発を推進しています。

認知症サポーターの養成と活動の支援について、認知症サポーターを量的に養成するだけでなく、活動の任意性を維持しながら、認知症サポーターが様々な場面で活躍してもらうことに重点を置いています。

デイサービス昭和館は、事業所の休業日に施設の一部を提供し、社会貢献の一環として、認知症カフェ(オレンジカフェ昭和館)を開催しています。

オレンジカフェ昭和館では、ボランティア活動としてお手伝いしてくださる方を受け入れしています。
認知症サポーター養成講座を修了して、認知症サポーターとして活躍の場をお探しの方はお気軽にお問い合わせください。

認知症サポーター

大阪市認知症ナビ

大阪市認知症アプリ

認知症サポーター養成講座

認知症サポーター上級者育成

キャラバン・メイト活動支援

特集 認知症ケア!全力対応!

ロバ隊長ペーパークラフト

Yahoo!カテゴリ登録サイト

ご利用までの流れ

介護予防ポイント事業

いきいき百歳体操

なぜ、見守りが必要なの?

認知症の人への対応について

わたしたちの認知症ケア

英国版認知症サポーター制度

認知症サポーター等推進事業

認知症カフェ

認とも

家族向け介護教室

あしたの暮らしをわかりやすく

国民運動・国民プロジェクト

Google+1 Button

Google+ 共有

ページのトップへ戻る