デイサービス昭和館

西成区西天下茶屋にある戸建て民家を改修した
定員10名の小規模地域密着型デイサービスです。

トップ > 認知症サポーターがいます

認知症サポーターがいます

認知症サポーターステッカー

認知症サポーターステッカー

認知症サポーターとは

認知症サポーター養成講座を受講し、修了した人を認知症サポーターといいます。

認知症サポーターは何か特別なことするのではなく、認知症を正しく理解してもらい、認知症の方やそのご家族を温かく見守り応援していきます。

家族や友達にその知識を伝える、認知症になった方やそのご家族の気持ちを理解するよう努める、自分のできる範囲で手助けをする、など活動内容は人それぞれです。

ひとりひとりが認知症に対する理解を深め、認知症の方やそのご家族を見守り支援していくことは、みんなが安心して暮らすことのできるまちづくりにつながっていくことでしょう。

認知症サポーター養成講座を修了すると、キャラバン・メイトを通じて、認知症サポーターの証となるオレンジリングが授与されます。

キャラバン・メイトとは

キャラバン・メイトは、ボランティアとして、キャラバン・メイト養成研修を実施した市町村や職域団体などと協働で、認知症サポーター養成講座を開催し、講座の講師役となり認知症サポーターの育成を行います。

また、認知症になっても安心して暮らせる町づくりに向けて、関係機関等への働きかけ、協力・連携体制づくりなどのネットワーク化を推進していくことも期待されています。

オレンジリング

オレンジリングを知っていますか?
オレンジリングは、認知症サポーターの目印です。

オレンジリング

なぜ「オレンジリング」なの?

「柿色」をしたオレンジリングは、認知症サポーターの目印です。江戸時代の陶工・酒井田柿右衛門が夕日に映える柿の実の色からインスピレーションを得て作り出した赤絵磁器は、ヨーロッパにも輸出され世界的な名声を誇りますが、同じく“日本初”の「認知症サポーターキャラバン」のオレンジリングが、世界のいたるところで「認知症サポーター」の証として認められればとの思いからつくられました。なお温かさを感じさせるこの色は、「手助けします」という意味をもつといわれています。

認知症サポーターカード

認知症サポーターの証となるカードです。認知症の人への声かけ、支援の時などに提示して活用します。

認知症サポーターカード

全国キャラバン・メイト連絡協議会
東京都新宿区市谷田町2-7-15近代科学社ビル4階
電話:03-3266-0551

「認知症サポーターキャラバン」のマスコットは?

「ロバ隊長」は、「認知症サポーターキャラバン」のマスコットです。認知症サポーターの「キャラバン」(隊商)の隊長として、「認知症になっても安心して暮らせるまちづくり」への道のりの先頭を歩いています。ロバのように急がず、しかし一歩一歩着実に、キャラバンも進んでいきます。

認知症サポーター

認知症サポーター養成講座

デイサービス昭和館では、職員が認知症を正しく理解するために、事業所の内部研修として、認知症サポーター養成講座を開催しています。
認知症サポーター養成講座は、キャラバン・メイトが、キャラバン・メイト事務局へ開催計画表を提出した上で開催します。開催後は実施報告書を提出します。
デイサービス昭和館では、下記の講座構成による内容で実施しています。

講座構成内容
認知症サポーター100万人キャラバンとは
認知症を
理解する
(1)
認知症とはどういうものか
認知症の症状
中核症状記憶障害
見当識障害
理解・判断力の障害
実行機能障害
感情表現の変化
周辺症状と
その支援
元気がなくなり、
引っ込み思案になることがある
身のまわりのことに支障が起こってくる
周辺の人が疲弊する精神症状
行動障害への理解
認知症を
理解する
(2)
認知症の
診断・治療
早期診断、早期治療が大事なわけ
認知症の治療
認知症の経過と専門家との関係
成年後見制度/地域福祉権利擁護事業
認知症の予防についての考え方
認知症の人と接するときの心がまえ
認知症介護をしている人の気持ちを理解する
DVD・フリーディスカッション
認知症サポーターとは
認知症サポーターのできること
質疑応答・まとめ
使用教材:大阪市版テキスト・キャンペーンDVD・デイサービス昭和館オリジナル資料

認知症サポーター

認知症サポーターの養成と活動の支援

認知症施策推進総合戦略~認知症高齢者等にやさしい地域づくりに向けて~(新オレンジプラン)では、認知症への理解を深めるための普及・啓発を推進しています。
認知症サポーターの養成と活動の支援について、認知症サポーターを量的に養成するだけでなく、活動の任意性を維持しながら、認知症サポーターが様々な場面で活躍してもらうことに重点を置くとしています。

デイサービス昭和館は、事業所の休業日に施設の一部を提供して、社会貢献の一環としてオレンジカフェ昭和館を開催しています。

オレンジカフェ昭和館では、ボランティア活動としてお手伝いしてくださる方を受け入れしています。
認知症サポーター養成講座を修了して、認知症サポーターとして活躍の場をお探しの方はお気軽にお問い合わせください。

企業向け認知症サポーター養成講座「勉強会」

大阪市キャラバン・メイト事務局では、企業向け講師登録しているキャラバン・メイトに向けて、開催のポイントや効果的なDVDの活用方法等を学ぶ勉強会を開催しています。

研修企業向け認知症サポーター養成講座開催のポイント
日時平成28年3月5日(土)10:00~12:00
会場大阪市社会福祉研修・情報センター4階会議室(大阪市西成区出城2-5-20)
対象企業向け講師に登録している大阪市キャラバン・メイト
内容企業ニーズに合った講座の構成
キャンペーンDVDの効果的な活用
グループワークの進め方
講師 キャラバン・メイト小浮正幸さん(株式会社ベネッセスタイルケア)
主催大阪市キャラバン・メイト事務局

認知症サポーター復習用サイト

認知症サポーターキャラバンのホームページに、復習しよう!「認知症サポーター養成講座」という「認知症サポーター復習用サイト」が公開されています。

復習しよう!「認知症サポーター養成講座」 http://www.caravanmate.com/study/

「認知症サポーター復習用サイト」は、認知症サポーターがWeb上で「認知症サポーター養成講座」の復習を行うことを目的として作成されました。

認知症サポーター(キャラバン・メイト含む)のみ閲覧が可能となっています。(パスワードが必要)

「認知症サポーター復習用サイト」の利用を希望される認知症サポーター(キャラバン・メイト含む)は、最寄りの市区町村事務局(サポーター講座実施主体)までパスワードをお問い合わせください。

自治体事務局連絡先(サポーター講座実施主体) http://www.caravanmate.com/office/

認知症サポーターステップアップ講座(認知症サポーター上級者育成)

厚生労働省は、認知症サポーターが様々な場面で活躍することに役立つ認知症サポーター上級者育成講座の開催を推進しています。

認知症サポーターステップアップ講座は、地域で活動できる認知症サポーター上級者を育成することを目的としており、従来の認知症サポーターからステップアップするための講座です。

認知症サポーター育成ステップアップ講座用テキスト

認知症サポーターステップアップ講座について

認知症の人の地域支援体制の充実と認知症になっても安心して暮らせるまちづくりのために、認知症サポーターのステップアップ研修は不可欠な事業となっています。従来の認知症サポーターからステップアップした地域で活動できるサポーターを育成しています。

認知症サポーターステップアップ講座用教材
教材 1認知症の理解を深める
教材 2認知症の発症リスクを減らす
教材 3認知症サポーターの活動事例

認知症サポーターステップアップ講座の開催スケジュールは、最寄りの市区町村事務局(サポーター講座実施主体)までお問い合わせください。

無料ケアマネ受験対策講座

認知症予防レクリエーション

ご利用までの流れ

大阪市介護予防事業

見守り活動の手引き

認知症対応力向上のための支援

わたしたちの認知症ケア

国民運動・国民プロジェクト

ページのトップへ戻る