デイサービス昭和館

西成区西天下茶屋にある戸建て民家を改修した
定員10名の小規模地域密着型デイサービスです。

トップ > 認知症サポーターキャラバン

認知症サポーターキャラバン

認知症。みんなで、見守る。地域で、支える。

認知症サポーターキャラバン

「お互いさま」

認知症。
それは、85歳以上の4人に1人がかかるといわれる、とても身近な病気です。
だからこそ、「お互いさま」の精神で、地域みんなで助け合うことが大切です。
いつもと変わった様子がないか気にかけてみる。
まちなかで困っている人がいたら声をかけてみる。
認知症の人と、その家族に、さりげないサポートをお願いします。
認知症になっても、安心して暮らせるまちへ。
みんなで、見守る。地域で、支える。
認知症サポーターキャラバン。

認知症サポーターキャラバンとは

認知症サポーターキャラバンとは、平成17年度から開始した「認知症を知り地域をつくる10ヵ年」構想の一環である「認知症サポーター100万人キャラバン」を継承し、現在も全国的に活動を展開しています。

認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)に基づいて、地方公共団体等における認知症サポーターの活動を支援するとともに、認知症サポーターの士気の向上や、国民の認知症に関する意識の啓発を図ることを目的とした認知症サポーター等推進事業です。

全国キャラバン・メイト連絡協議会は、都道府県、市区町村などの自治体、全国規模の企業・団体などと協催で、認知症サポーター養成講座の講師役となるキャラバン・メイトを養成します。

養成されたキャラバン・メイトは、自治体事務局等と協働して認知症サポーター養成講座を開催します。

キャラバン・メイトとは

キャラバン・メイトは、ボランティアとして、キャラバン・メイト養成研修を実施した市町村や職域団体などと協働で、認知症サポーター養成講座を開催し、講座の講師役となり認知症サポーターの育成を行います。

また、認知症になっても安心して暮らせる町づくりに向けて、関係機関等への働きかけ、協力・連携体制づくりなどのネットワーク化を推進していくことも期待されています。

キャラバン・メイト養成研修

キャラバン・メイトになるためには、所定のキャラバン・メイト養成研修を受講し、研修開催者を通じて全国キャラバン・メイト連絡協議会に登録する必要があります。

全国キャラバン・メイト連絡協議会
東京都新宿区市谷田町2-7-15近代科学社ビル4階
電話:03-3266-0551

認知症サポーターとは

認知症サポーター養成講座を受講した人が、認知症サポーターです。

認知症サポーターに何か特別にやってもらうというものではありません。
認知症を正しく理解してもらい、認知症の人や家族を温かく見守る応援者になってもらいます。
その上で、自分のできる範囲で活動できればいいのです。
たとえば、友人や家族にその知識を伝える、認知症になった人や家族の気持ちを理解するよう努める、隣人あるいは商店・交通機関等、まちで働く人として、できる範囲で手助けをするなど、活動内容は人それぞれです。

認知症サポーター

また、認知症サポーターの中から地域のリーダーとして、まちづくりの担い手が育つことも期待されています。

なお、認知症サポーターには、認知症を支援する「目印」として、ブレスレット(オレンジリング)をつけてもらいます。この「オレンジリング」が連繋の「印」になるようなまちを目指しています。

認知症サポーター養成講座

キャラバン・メイトと自治体等の事務局とが協働で行うものです。地域や職域・学校などで認知症の基礎知識について、また、認知症サポーターとして何ができるかなどについて学びます。

大阪市内にて「認知症サポーター養成講座」の開催を希望する企業・団体は、大阪市キャラバン・メイト事務局宛に講座申込書を提出してください。

事務局は、講師役となる「キャラバン・メイト」の派遣やグッズの手配等を行い、認知症サポーター養成講座の開催をサポートします。

認知症サポーター養成講座開催までの流れ(大阪市キャラバン・メイト事務局)

認知症サポーター養成講座開催までの流れ

大阪市キャラバン・メイト事務局
大阪市西成区出城2丁目5番20号 大阪市社会福祉研修・情報センター3階
電話:06-4392-8188

自治体等の事務局の役割

それぞれの自治体では、地域において何人の認知症サポーターが必要かを計画の上、キャラバン・メイトおよび認知症サポーターを養成し、認知症になっても安心して暮らせるまちづくりに取り組むことが必要です。

そのため、キャラバン・メイト養成研修を受講しても、全く活動しないといったことがないように、実施回数の目安を設定しています。

しかし、キャラバン・メイト一人では継続して認知症サポーター養成講座を開催することが難しいため、市町村等の事務局からのバックアップが必要となります。

全国キャラバン・メイト連絡協議会は、相互の連携について支援をしています。

全国キャラバン・メイト連絡協議会
東京都新宿区市谷田町2-7-15近代科学社ビル4階
電話:03-3266-0551

認知症サポーター上級者育成「ステップアップ講座」の実施

認知症の人の地域支援体制の充実と認知症になっても安心して暮らせるまちづくりのために、認知症サポーターのステップアップ研修は不可欠な事業となっています。
認知症サポーターがさらに高度な認知症についての正しい知識を習得し、各地域において、認知症の人やその家族を支援する活動に役立てられるよう、認知症サポーターステップアップ講座を開催します。

認知症サポーターステップアップ講座の開催スケジュールは、最寄りの市区町村事務局(サポーター講座実施主体)までお問い合わせください。

自治体事務局連絡先(サポーター講座実施主体) http://www.caravanmate.com/office/

大阪市キャラバン・メイト事務局
大阪市西成区出城2丁目5番20号 大阪市社会福祉研修・情報センター3階
電話:06-4392-8188

認知症サポーター

デイサービス昭和館には認知症サポーターがいます

私たちデイサービス昭和館のスタッフは、認知症に対して正しく理解し、偏見をもちません。
認知症の人やそのご家族を温かい目で見守ります。
地域でできることを探し、相互扶助・協力・連携のネットワークづくりに寄与します。

認知症サポーター

デイサービス昭和館の管理者は大阪市キャラバン・メイトとして登録し、活動に参加しています。

認知症サポーターの養成と活動の支援

認知症施策推進総合戦略~認知症高齢者等にやさしい地域づくりに向けて~(新オレンジプラン)では、認知症への理解を深めるための普及・啓発を推進しています。

認知症サポーターの養成と活動の支援について、認知症サポーターを量的に養成するだけでなく、活動の任意性を維持しながら、認知症サポーターが様々な場面で活躍してもらうことに重点を置いています。

デイサービス昭和館は、事業所の休業日に施設の一部を提供して、社会貢献の一環としてオレンジカフェ昭和館を開催しています。

オレンジカフェ昭和館では、ボランティア活動としてお手伝いしてくださる方を受け入れしています。
認知症サポーター養成講座を修了して、認知症サポーターとして活躍の場をお探しの方はお気軽にお問い合わせください。

Yahoo!カテゴリ登録サイト

特集 認知症ケア!全力対応!

認知症サポーター上級者育成

ロバ隊長ペーパークラフト

無料ケアマネ受験対策講座

ご利用までの流れ

大阪市介護予防事業

見守り活動の手引き

わたしたちの認知症ケア

認知症サポーター等推進事業

認知症対応力向上のための支援

国民運動・国民プロジェクト

Google+1 Button

Google+ 共有

ページのトップへ戻る