デイサービス昭和館

西成区西天下茶屋にある戸建て民家を改修した
定員10名の小規模地域密着型デイサービスです。

トップ > にしなりオレンジチーム

にしなりオレンジチーム

認知症のご相談は「にしなりオレンジチーム」へ

にしなりオレンジチーム

にしなりオレンジチーム(認知症初期集中支援チーム)

認知症になっても住み慣れた環境で暮らし続けられるよう、医療・介護福祉の専門職がチームを組み、医療機関の受診や介護サービスにつなげるために、かかわりの初期段階での支援を集中的に行います。
また、若年性認知症の方への支援や地域の認知症対応力向上への取組みを実施します。

対象となる方

40歳以上で、在宅で生活しており、次のいずれかに該当する方

1 医療サービス、介護サービスを受けていない者、または中断している者で次のいずれかに該当する方

  • 認知症疾患の臨床診断を受けていない方
  • 継続的な医療サービスを受けていない方
  • 適切な介護サービスに結び付いていない方
  • 介護サービスが中断している方
  • 2 医療サービス、介護サービスを受けているが認知症の行動・心理症状が顕著なため、対応に苦慮している方

    問い合わせ先

    事業受託先:玉出地域包括支援センター(社会福祉法人白寿会)
    西成区南津守7-12-32
    電話:06-6651-6000

    相談窓口の開設曜日・時間

    月~土曜日(日祝・年末年始を除く)午前9時~午後5時30分

    認知症初期集中支援推進事業

    医療と福祉の専門職チームがスピーディに対応

    大阪市では、認知症についての普及啓発、早期診断・早期対応のための体制づくり、認知症を支援するネットワークの核となる認知症サポート医の養成、医療と介護・福祉の連携強化、認知症介護者への支援、認知症の高齢者にやさしい地域づくりなど、認知症の人を支えるためのさまざまな取り組みが進められています。

    平成30年度の重点事業のひとつは「認知症初期集中支援推進事業」です。この事業は、認知症の早期発見・早期診断・早期対応に向けた支援を行うため、医療、介護・福祉専門職と認知症診療の経験豊富な医師で構成する「認知症初期集中支援チーム」を各区1か所の地域包括支援センターに設置し、認知症の方やその家族を訪問し初期の適切な支援を行っています。さらに、各区に認知症地域支援推進員を配置し、若年性認知症の方や支援困難症例に対する支援を行うほか、認知症カフェに対する側面的な支援などを行い、地域における認知症高齢者とその家族の支援体制の構築を目指しています。

    更に、認知症初期集中支援チームを配置している各区1か所の地域包括支援センターを、認知症施策の推進拠点の役割を担う「認知症強化型地域包括支援センター」と位置付け、地域と連携して認知症高齢者等の早期発見や早期支援につなげるための取り組みを進めています。
    (出典:ウェルおおさか【Vol.114】2018年6月号「認知症の人とささえ合うまち」p1)

    オレンジチームとは

    認知症のことでお困りの方へ 私たちが、ご本人・ご家族をサポートします

    にしなりオレンジチーム

    最近、あなたやご家族にこんなことはありませんか?

    にしなりオレンジチーム

    にしなりオレンジチーム(認知症初期集中支援チーム)の活動

    西成区認知症初期集中支援推進事業実績集計

    にしなりオレンジチームより、これまでの活動実績が報告されました。

    にしなりオレンジチーム実績集計

    お問い合わせ
    玉出地域包括支援センター(社会福祉法人白寿会)
    西成区南津守7-12-32
    電話:06-6651-6000

    楽しみながら、正しく知ろう認知症予防

    いつまでも健やかでいきいきした毎日が続くように、認知症予防について、みんなで一緒に学びませんか?

    平成29年度 健康づくり展(ひろ)げる講座
    対象西成区内在住の方で講座に6回以上出席できる方
    場所西成区役所2階 集団検診室
    第1回日時平成29年10月2日(月)13時30分~15時30分
    内容開講式、「もしかして認知症?症状・治療・予防について」
    講師医師・保健師
    第2回日時平成29年10月11日(水)13時30分~15時30分
    内容西成区民の健康状態を知ろう!
    講師保健師
    第3回日時平成29年10月20日(金)13時30分~15時30分
    内容お口のケアで認知症を予防しよう
    講師歯科衛生士
    第4回日時平成29年10月26日(木)13時30分~15時30分
    内容地域で支えあって認知症予防
    講師玉出地域包括支援センター にしなりオレンジチーム
    第5回日時平成29年11月6日(月)13時30分~15時30分
    内容認知症に効果的なレクリエーション
    講師臨床セラピスト
    第6回日時平成29年11月13日(月)13時30分~15時30分
    内容認知症予防によい食事
    講師栄養士
    第7回日時平成29年11月17日(金)13時30分~15時30分
    内容やってみよう!百歳体操、自宅でできるストレッチ
    講師健康運動指導士
    第8回日時平成29年11月22日(水)13時30分~15時30分
    内容閉講式、修了生の活動紹介
    講師保健師・旭の会会員

    健康づくり展(ひろ)げる講座に関するお問い合わせ
    西成区保健福祉センター保健福祉課(地域保健活動)2階22番窓口
    電話:06-6659-9968

    認知症チェックリスト

    ひょっとして認知症かな?気になり始めたらチェックしてみましょう

    認知症は単なるもの忘れとは違います。認知症にも早期治療で症状を和らげることができるものがあります。きちんと診断して、適切な対応をすることが非常に大切です。「あれ、おかしいな?」と思ったら、ご本人やご家族でチェックしてみて、認知症の早期発見のきっかけとしてご活用ください。

    認知症チェックリスト
    認知症チェックリスト(pdf)大阪市 福祉局 高齢者施策部 高齢福祉課 認知症施策グループ

    お問い合わせ
    大阪市 福祉局 高齢者施策部 高齢福祉課 認知症施策グループ
    電話:06-6208-8051

    見守り相談室

    認知症高齢者等の行方不明時の早期発見

    事前に登録をされた認知症高齢者及び認知症の疑い等により徘徊の恐れがある方が行方不明となった場合、早期発見・保護のため、地域の協力者に捜索依頼メールまたはファックスを配信します。

    認知症高齢者等の行方不明時の早期発見

    お問い合わせ
    西成区見守り相談室(西成区社会福祉協議会)
    電話:06-4967-4682

    「認知症を知り地域をつくる10ヵ年」の構想

    認知症を知り地域をつくるキャンペーン

    2004年12月に「痴呆」の呼び名が「認知症」に改まり、つづく2005年度が「認知症を知る1年」と位置づけられました。単なる呼称変更にとどまらず、今後多くの人々に認知症が正しく理解され、また認知症の方が安心して暮らせる町がつくられていくよう、その第一歩として、普及啓発のためのキャンペーンが開始されました。

    厚生労働省の「認知症を知り 地域をつくる10ヵ年」の構想のもと、認知症の方とそのご家族を地域の中で支える「地域づくり」をめざしています。民間の有識者や団体を中心とした「認知症になっても安心して暮らせる町づくり100人会議」の支援をうけ、平成17年度から全国で展開されています。

    みんなで認知症の人とその家族を支え、見守り、ともに生きる地域を築いていく運動を推進しています。

    認知症になっても安心して暮らせる町づくり100人会議宣言
    1. わたしたちは、認知症を自分のこととしてとらえ、学びます。
    2. わたしたちは、認知症の人の不安や混乱した気持ちを理解するよう努めます。
    3. わたしたちは、認知症の人が自由に町に出かけられるよう、応援します。
    4. わたしたちは、認知症の人や家族が笑顔で暮らしていけるよう、いっしょに考えます。
    5. わたしたちは、市民や企業人としてできることを行い、安心して暮らせる町づくりをめざします。

    認知症サポーター100万人キャラバン

    私たちデイサービス昭和館のスタッフは、認知症に対して正しく理解し、偏見をもちません。
    認知症の人やそのご家族を温かい目で見守ります。
    地域でできることを探し、相互扶助・協力・連携のネットワークづくりに寄与します。

    認知症サポーターキャラバン

    デイサービス昭和館のスタッフは大阪市キャラバン・メイトとして登録し、活動に参加しています。

    認知症サポーターおよびキャラバン・メイトに関するお問い合わせ
    大阪市社会福祉協議会 地域福祉課(大阪市キャラバン・メイト事務局)
    電話:06-6765-7273

    認知症サポーターの養成と活動の支援

    認知症施策推進総合戦略~認知症高齢者等にやさしい地域づくりに向けて~(新オレンジプラン)では、認知症への理解を深めるための普及・啓発を推進しています。

    認知症サポーターの養成と活動の支援について、認知症サポーターを量的に養成するだけでなく、活動の任意性を維持しながら、認知症サポーターが様々な場面で活躍してもらうことに重点を置いています。

    認知症サポーター

    デイサービス昭和館は、事業所の休業日に施設の一部を提供し、社会貢献の一環として、認知症カフェ(オレンジカフェ昭和館)を開催しています。

    認知症サポーターキャラバン

    オレンジカフェ昭和館では、ボランティア活動としてお手伝いしてくださる方を受け入れしています。
    認知症サポーター養成講座を修了して、認知症サポーターとして活躍の場をお探しの方はお気軽にお問い合わせください。

    大阪市認知症ナビ

    大阪市認知症アプリ

    認知症サポーター養成講座

    ロバ隊長ペーパークラフト

    認知症サポーター上級者育成

    キャラバン・メイト活動支援

    認知症カフェ

    認とも

    家族向け介護教室

    特集 認知症ケア!全力対応!

    ご利用までの流れ

    Yahoo!カテゴリ登録サイト

    なぜ、見守りが必要なの?

    認知症の人への対応について

    介護予防ポイント事業

    いきいき百歳体操

    わたしたちの認知症ケア

    英国版認知症サポーター制度

    認知症サポーター等推進事業

    認知症カフェ

    認とも

    家族向け介護教室

    あしたの暮らしをわかりやすく

    国民運動・国民プロジェクト

    認知症介護指導者グループウェア

    Google+1 Button

    Google+ 共有

    ページのトップへ戻る