デイサービス昭和館

西成区西天下茶屋にある戸建て民家を改修した
定員10名の小規模地域密着型デイサービスです。

トップ > 回想法

回想法

回想法とは

回想法とは、アメリカの精神科医、ロバート・バトラー氏が提唱した心理療法のことをいいます。
認知症を患うと記憶障害が進行して、つい先ほどのことを忘れてしまうものですが、古い記憶は結構しっかりと残っていて、昔の話なら次から次へと出てくるものです。

昔の懐かしい思い出を語り合ったり、誰かに話したりすることで脳が刺激され、精神状態を安定させる効果が期待できます。長く続けることで認知機能が改善することも明らかになり、日本でも認知症患者のリハビリテーションに利用されるようになりました。

回想法

デイサービス昭和館における回想法

デイサービス昭和館は、昭和時代の木造一戸建て民家を改修したレトロで小規模な地域密着型通所介護施設ですが、建物の中も昭和の雰囲気が溢れています。
和室の畳、襖、障子、欄間、掘りごたつ、簾など、レトロな空間を演出しています。

食堂の壁には発条仕掛けの古い振り子時計があり、毎正時に時打ちの音が時刻の数だけ「ボーン」と、鳴り響きます。
うっかり発条を巻くのを忘れると振り子も時計の針も止まってしまいます。
時刻を合わせても少し進んだり少し遅れたり、当時物の古い時計は面倒だと思うこともありますが、時計前面のガラス扉を開けて発条を巻き上げる音も耳に心地良いです。
時打ちの音が「ボーン」と鳴り響く瞬間は、テレビの音声が少し聞きづらくなったりするのですが、部屋中に響き渡る時打ちの音色には、とても懐かしさを感じてしまいます。

回想法には、昔の写真、印刷物、おもちゃなど、様々な小道具を用いますが、デイルームを部屋ごと昭和時代にタイムスリップさせるかのような内装を、楽しみながら手作りしています。

新しくて立派な設備の施設には敵わないところがありますが、一歩中へ入るだけで古き良き時代に思いを馳せることができる居場所は、デイサービス昭和館ならではの良さだと自負しています。

認知症高齢者への回想法

参加する認知症高齢者の正確な情報を知るために事前アセスメントを行い、ニーズに合わせた回想法プログラム計画を立案し、参加者にとって無理のないスケジュール(回数、期間)で実施します。

認知症の重症度が中等度まで進行している認知症高齢者が回想法プログラムに参加する場合は、認知機能の低下の度合いによって、グループ回想法への参加が困難なこともあります。

困難と判断した時は無理をせず、先ずは、回想法リーダーと1対1の個人回想法から行い、昔のことを回想することから始めます。回想法リーダーが「きっかけ」を作ることで、参加者は昔の楽しかった出来事を思い出し、回想法リーダーに語ります。
回想法リーダーは傾聴し、参加者の気持ちに寄り添い、情緒の安定を図っていくのです。

個人回想法が問題なく実施できる状態になれば、参加者を1人増やし、回想法リーダーと参加者2人の3人グループによるグループ回想法を試みます。この時点で加わっていただく参加者が同じ曜日の利用者同士で顔見知りであるとか、既に会話を交わす関係であれば、お互いに緊張なくスムースに進行できる可能性が高まります。

他の参加者が増えたことで不安がある場合は、参加者の間にコリーダーを配置する隊形とします。
グループ回想法としては最少人数になりますが、参加者同士の交流を図ることが可能になります。

はじめの回想法プログラム計画が個人回想法であっても、認知症高齢者の心の安定を図りながら、段階を経ることで、グループ回想法への参加が可能になります。グループ回想法に参加して、参加者同士でコミュニケーションを図ることができるようになれば、ケアプランにある「他者との交流」という目標に対し、一定の成果をあげることにつながっていくのです。

デイサービス昭和館では、回想法リーダーを管理者が、コリーダーを介護職員が務めています。

デイサービス昭和館の管理者は、認知症の方への回想法専門研修を修了しています。

デイサービス昭和館における認知症の正しい理解

デイサービス昭和館のスタッフは、高齢者介護実務者として、認知症高齢者の介護に関する実践的研修(大阪市認知症介護実践者研修など)を積極的に受講しています。

デイサービス昭和館には、大阪市認知症介護実践者研修を修了した職員が3名在籍しています。

私たちは、認知症介護の本質を理解するとともに、認知症介護技術の向上を図り、認知症高齢者に対する介護サービスの充実を図ることを目指しています。

デイサービス昭和館の管理者は、認知症対応型サービス事業管理者研修を修了しています。

回想レクリエーション

そろばん

デイサービス昭和館では、ご利用者様のご希望により算盤を使った個別レクを実施しています。
読み上げ算で読み手が読み上げる問題を正確に聞き取ることや、そろばんの珠を指先で上下に移動させることには、脳を活性化させるトレーニングになります。

珠算は、脳トレーニングとして有効なレクリエーションですが、算盤を用いたレクリエーションは回想につながるときがあります。 子どもの頃から算盤に馴染みのある人が算盤を手に取り珠を弾くことで、昔の懐かしい思い出を語り始めるきっかけとなることもあるのです。

デイサービス昭和館には、日本珠算連盟上位資格を取得・保有している職員が勤務しています。

Yahoo!カテゴリ登録サイト

特集 認知症ケア!全力対応!

認知症サポーター上級者育成

ロバ隊長ペーパークラフト

無料ケアマネ受験対策講座

ご利用までの流れ

大阪市介護予防事業

見守り活動の手引き

わたしたちの認知症ケア

認知症サポーター等推進事業

認知症対応力向上のための支援

国民運動・国民プロジェクト

Google+1 Button

Google+ 共有

ページのトップへ戻る